アマヤの管理「プロパティA」のご案内

プロパティマネジメントとは

入居者はプロの管理を求めている

近年、ライフスタイルの多様化により賃貸住宅は住宅購入までの単なるステップとは言い切れなくなりました。 分譲マンション購入の際にはよく「管理を買え」と言われますが、共同住宅においては管理の良し悪しが資産価値をも左右するのです。賃貸物件においても管理がプロに任されているかどうかを物件選びのポイントにしているお客様が多くなってきています。それは年々入居中のトラブルが多くなってきていて、オーナーや管理会社の解決能力が問われているからです。 つまり、プロとしての法律知識や建物に関する知識、クレーム対応や修繕技術に長けていることが求められているのです。「不動産屋」の賃貸管理は「腰が重い」、「建物のことを知らない」、「入居者のクレームをいやがる」、「ごまかすことが解決手段」という節があるような気がします。それは言い過ぎでしょうか?

「不動産屋」の管理はオーナーと敵対する

「不動産屋」が仲介の片手間に管理業務を行うのは、オーナーに対する敵対行為と言っても過言ではありません。 本来、不動産業者は仲介の成約報酬を収益の柱にしているため、空室が増えることは収益拡大のための必須条件なのです。空室を早く埋めることよりも自社で決めることを優先しますので、空室情報を広く知らしめるより自社で抱えこもうとします。空室が増えれば喜び、空室を短期間で決めようとするより自社で情報を抱えてしまう「不動産屋」は管理会社といえどもオーナーの味方ではありません。

プロパティマネージャーにお任せください

アマヤホームがいうプロパティマネジメントとは、オーナー利益と敵対しがちな従来型の賃貸管理ではなく、オーナー利益の最大化を図ることを追求します。

プロパティマネジメントを遂行する上で重要なこと

募集賃料にこだわらず、稼働賃料を重要視する

今までの稼働実績に今後の稼働予測のヒントが隠されています。募集賃料の維持にこだわるあまり、空室期間が延び、気づかないまま稼働賃料が大きく下がっている物件が多いのです。客観的なデータ分析にて一目でわかるレポーティングを行い、賃料交渉等に柔軟に対応しつつ、収益の最大化を図ります。

全国の営業マンを味方に付ける

もちろん空室情報はインターネットで広く公開しますが、自社だけで抱えてしまわず、どこの不動産業者でも取り扱える情報にすることが重要なのです。例えば綱島の物件を自由が丘でお探しの方へご紹介することが出来ます。

お客様に末永くご入居頂くためのケアを図る

解約率を抑えることは、実は空室期間を短くすることと同じくらい重要なことです。カード会社との提携や長期入居の特典など住み続けていただくための工夫が必要です。「住まう」ということへのプロデュースについては、コンバージョン(用途転用)やリノベーション(高付加価値改修)をはじめ、建築系企業ならではの技術力や提案力を活かすことができます。

不動産業務を効率的にする「プロパティA」

アマヤホームでは、オーナー利益の最大化を図るためのプロパティマネジメント委託業務「プロパティA」をオーナーのみなさまにご提案しています。入居者の募集から解約まで、また稼働率アップや解約率の抑制などあらゆる側面からオーナーをバックアップ致します。

プロパティのメリット
オーナーのメリット 1:コンピューター管理による各種レポーティング
2:滞納保証(6ヵ月分)
3:クレーム対応からの解放(24時間管理)
入居者のメリット 1:連帯保証人が不要
2:利用負担がゼロ(保証料、口座振替手数料)
3:管理会社による24時間管理の安心感

オーナーだけではなく、入居者側にもメリットがあるので、大きな入居促進効果が得られます。

アマヤの管理「プロパティA」の商品概要 *対象物件:1戸毎
月額料金/管理料 5%+消費税
期間(更新) 2年(自動更新)
備考 滞納保証6ヶ月分、24時間管理



「プロパティA」管理による不動産業務とは

不動産業務には、大きく分けて入居者対応業務と集金管理業務とに分かれます。 入居者対応業務には、入居者募集・契約業務・更新業務・クレーム処理・退去業務。集金管理業務には、集金処理・滞納処理とあります。

入居者対応業務 集金管理業務

<< トップページに戻る