アマヤホーム トップページへアマヤデザイナーズ トップページへ空室検索ペットと暮らせる部屋オーナー様へ会社概要



 

今回は、「蕾傳」の06・07号室の伝統色についてのご紹介です。

06・07号室は、リビングに畳スペースとプチロフトがあると、他とは違った特徴的なお部屋。階段の手すりの内壁には京紫(きょうむらさき)を、キッチン流し足元には金糸雀色(かなりあいろ)で彩っています。

20170529_18.jpg 20170529_19.jpg 20170529_21.jpg 20170529_20.jpg

続きを読む



投稿者:いけだ | 日時:2017年5月30日 15:43

コメント(0) |

関連するカテゴリー: デザイナーズお得情報  ,  いけだ
 

今回は、「蕾傳」の02・03号室、05・08号室の伝統色についてのご紹介です。

02・03号室は、リビングと通じるテラスが、外から視線を遮るほどひときわ高い位置にあり、階段を上っていく珍しいスタイル。階段奥にある空間には、薄く墨色がかったような青鈍(あおにび)で、下にある空間を引き立てています。青鈍は黒染に露草の汁や藍をさして染めた色で、平安時代には僧尼の衣の色に使われていました。

20170523_01.jpg 20170529_07.jpg

そして、02・03・05・08号室キッチン流しの足元には鮮やかで濃い色合いの赤紅(あかべに)を。江戸初期から愛用されている色で、天保-貞享の頃には「赤紅の鹿の子染め(かのこぞめ)」が流行ったほど。京都の上流層では夫人が着る小袖にも取りいれられ、「赤きもの召し玉はば緋綸子 ひりんず紅かのこなどよし(女鏡秘傳書より)」などといって人気がありました。

20170529_06.jpg 20170529_05.jpg

続きを読む



投稿者:いけだ | 日時:2017年5月26日 11:05

コメント(0) |

関連するカテゴリー: デザイナーズお得情報  ,  いけだ
 

01号室と04号室は、入ったらそこはユーティリティールーム。リビングと段差があり、コートを脱ぐなどしてお部屋に入る前のワンクッションになる空間。また、棚を活用してちょっとしたギヤラリースペースにもなります。

6段ある収納部分の壁には、勝色(かついろ)が用いられています。紺よりもさらに濃く、黒色に見えるほど暗い藍色です。
「かつ」とは、藍を濃く染み込ませる為に布などを叩いたことから付けられており、「搗」や「褐」といった漢字が使われていましたが、鎌倉時代になると「勝」に。その濃い藍染に質実剛健を感じ、縁起色として変えたのです。日清・日露戦争では、「軍勝色」として軍服にも使われていました。

20170525_05.jpg

また、エントランス側のもう一つの棚の壁には、利休鼠(りきゅうねず)木枯茶(きがらちゃ)を交互に使用。この2色は、キッチンにも使用されています。

20170525_06.jpg 20170525_07.jpg

↓01号室        ↓04号室

20170529_01.jpg 20170529_02.jpg

続きを読む



投稿者:いけだ | 日時:2017年5月24日 11:03

コメント(0) |

関連するカテゴリー: デザイナーズお得情報  ,  いけだ
 

「蕾傳」には、いたるところに日本の伝統色が配色されています。日本の気候風土から生まれ、草木から染め出された色合いは、見るだけで心を落ち着かせてくれます。
特に日本独自の和室には顕著に表れており、畳・木・和紙で構成する色のほとんどが伝統色。和室に入ると、なぜかホッとするのは、古来より伝えられてきた日本人に馴染みの色だからかもしれません。

そして、この日本の伝統色に合わせて、「蕾傳」の為のオリジナルカラーとして作られたのが織部です。深みのある緑をした織部は、各部屋の階段に鶸萌黄(ひわもえぎ)と共に使われています。

20170525_04.jpg 20170525_03.jpg

続きを読む



投稿者:いけだ | 日時:2017年5月19日 10:21

コメント(0) |

関連するカテゴリー: デザイナーズお得情報  ,  いけだ
 

志野焼は桃山時代に美濃で焼かれた長石釉(のちに志野釉とも呼ばれる)を掛けた白い焼物の名称です。長石釉という白みの帯びた一種の透明釉と美濃の白い土が合わさることでつくりあげられる白い焼物で、日本の焼物で初めて下絵付ができるようになりました。
釉薬の掛かり方によって、白い釉面に表れる緋色とピンホールと呼ばれる小さな穴は異なりを見せ、白と緋色の対比は志野の焼物の最大の魅力です。

志野焼は、16世紀の桃山時代に志野焼は誕生しました。それまでの日本では、中国から渡来してくる白磁という焼物の白さに日本人は憧れ続けいましたが、白磁の白さに勝るとも劣らない白い焼物をつくることは叶わないでいました。
しかし志野が生まれ白という色を本当の意味で実現すると、さらに鉄絵と言われる下絵付けも実現させたことで、日本の焼物の歴史に新たな軌跡を刻みました。


【 志野焼の種類 】

釉薬に長石釉を使う、それが志野としての最低条件であり、これにどのような技術が加えられるかで様々な種類の志野が生まれることになります。

・無地志野

20170502_02.jpg
*「志野と織部 All of Shino & Oribe」より抜粋

鉄絵が無く白一色となる「無地志野」の魅力は、完璧な白さを持たないところにあります。白い焼物として有名な志野としては逆説的な魅力ですが、茶器としての無地志野は白磁のような均質性を持たないところが魅力的だとされています。
志野の肌は、ピンボールが現われ、時に緋色と言われるほのかな赤みを帯び、釉薬の掛かり方もムラがあります。器ごとに釉薬の流れの変化があり、その不均一から生まれる美しさに魅力を感じるのは日本的とも言えるでしょう。

続きを読む



投稿者:よしはら | 日時:2017年5月18日 10:19

コメント(0) |

関連するカテゴリー: デザイナーズお得情報  ,  よしはら
トップに戻る