アマヤホーム トップページへアマヤデザイナーズ トップページへ空室検索ペットと暮らせる部屋オーナー様へ会社概要



 
 

MOA美術館では夏休みコレクション展として葛飾北斎「冨嶽三十六景」が開催していました。
(※現在は終了しています)

①.JPG

冨嶽三十六景とは、葛飾北斎の作成した代表的な風景画・浮世絵のこと。「冨嶽」は富士山を指し、各地から望む富士山の景観とその地の特徴が描かれています。

当初は名前の通り、主版の36枚で終結する予定でしたが、作品が人気を集めたため追加で10枚が発表され計46枚になりました。追加の10枚の作品は「裏富士」と呼ばれています。

最終日ということもあり、平日にも関わらず来館しているお客様は多くいました。葛飾北斎の「冨嶽三十六景」は同時期の各地で展覧会がおこなわれることもありますが、それは版画なので刷った時期の違いがあれど作品としては同じように素晴らしいものを見ることが出来ます。

続きを読む



投稿者:ギャラリー | 日時:2017年9月15日 10:01

コメント(0) |

関連するカテゴリー: ギャラリー
 

鎌倉・鶴岡八幡宮そばに本店を持つ「鎌倉紅谷」。「クルミッ子」という神奈川県銘菓展菓子コンクールで最優秀賞受賞歴のある焼菓子が有名で、ほどよい甘さと心地よいクルミの食感が楽しめる、上品なお菓子です。
今回は、横浜・金沢区幸浦にある工場直営である幸浦店にお邪魔させていただきました。

20170427_01.jpg 20170427_02.jpg

1階が店舗になっており、もちろん「クルミッ子」をゲットしつつ、お目当ての3階へ・・・。
エレベーターで3階に上ると、ガラス張りの向こうで職人さんが作業している様子が見られ、もちろん無料です。その様子は、お菓子と同様、飽きがきません。
中央には自由帳があり、見学した方それぞれの思いが書かれており、そちらを眺め、また、感想を書き込むのも楽しみの一つです。

20170427_03.jpg 20170427_04.jpg 20170427_05.jpg

続きを読む



投稿者:いしい | 日時:2017年4月27日 15:53

コメント(0) |

関連するカテゴリー: 日々のこと  ,  ギャラリー  ,  おいしい食卓  ,  いしい
 

京王井の頭線「駒場東大前」駅から歩いて7分ほどの場所にある「日本民藝館」。
伝統的工芸品を主に収蔵展示する美術館です。
静かな住宅街の中に、道路を挟んで本館と西館とに分かれて建っており、本館には日本および諸外国の新古諸工芸品が展示されており、西館は柳宗悦が暮らした石屋根の長屋門と母屋となっています。

20150713_01.JPG

この日本民藝館は、宗教哲学者であり美術研究家で民芸運動の主唱者として知られている柳宗悦が創設した施設です。
日本各地にある無名の日用雑貨や朝鮮王朝時代の美術工芸品など...美術史ではあまりスポットが当てられなかった、無名の職人による民衆的美術工芸品を発掘。
それを世の中に伝えている...民芸運動をスタートさせたのです。

続きを読む



投稿者:いけだ | 日時:2015年7月13日 11:34

コメント(0) |

関連するカテゴリー: ギャラリー  ,  イベント  ,  いけだ
 
トップに戻る